Face book

メッセージ

さあ、一緒にクリエイティブを

アドバタイジング、クリエイティブ、ブランディング、インサイト・・・カタカナや聞き慣れない言葉が多いのが、この広告業界の特徴でもあります。「なんかクリエイティブってカッコイイじゃん」と実はバブル世代の私は学生時代憧れたものでした。大学でも広告のゼミは倍率がとても高、ゼミの教授はSONYやTOYOTAのスーパーアドバイザーだったりしました。ゼミでは、実際に商品CMを考えて発表したり、「人を惹き付けるコミュニケーション」を論点に語り合ったりもしました。そうして1年が経った頃、学生の自分でさえ広告の世界がそんなに甘いものではないことに気づかされました。また広告論が企業戦略に欠かせない重要なファクターであることにも気づかされました。カタカナの広告業界であっても、欧米と日本では勿論コミュニケーションの手法は違いますし、とても人間臭い行為であります。そしてとてもパーソナルな仕事だったりもします。だからこそ、クリエイティブは常にライブ感があり、のめり込むと際限がありません。今のあなたにしか生み出せない想像の世界を体感できるのは、今しかありません。さあ、一緒にクリエイティブを!

ヒストリー

  • 1991年9月 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ㈱三晃社入社 制作局配属
  • 2004年5月 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 営業局配属
  • 2005年8月 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ プランニングコンサル局配属
  • 2008年6月 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ブランディング局 局次長
  • 2011年9月 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ブランディング局 局長
  • 2013年4月 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 愛知淑徳大学 メディアプロデュース部非常勤講師
  • 2013年8月 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 営業開発局 局長
  • 2014年6月 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ クリエイティブ局 局長

top

Copyright  Sankosha Co.,ltd All Right Reserced.

事務室:052-961-2677(平日10:00~17:00)  名古屋市中区丸の内3-20-9